ブログ

学習の様子

6年 社会科見学

2月9日は、6年生の社会科見学がありました。6年生にとっては、卒業前最後の社会科見学でした。行き先は、国会議事堂と東京スカイツリーでした。国会議事堂では、中央広間・御休所・衆議院議場など、厳かな雰囲気を感じながら議事堂内を見学しました。昼食を皇居外苑で食べた後は、東京スカイツリーへ向かいました。エレベーターで、地上350mの展望デッキに登りました。天候にも恵まれて、周りの景色を360度楽しむことができました。

日本語学級集会

2月8日は、日本語学級の発表集会がありました。日本語学級に通う一小の児童が、ネパールについて発表しました。1年生は遊びについて、2年生は食べ物について、3年生は学校について、4年生は2学期のコミュニティースクール授業で作った「モモ」について、5年生はお祭りと有名な場所について、スライド資料を見せながら、クイズを交えて紹介しました。全校の児童は、ネパールの文化や生活を知り、文化の違いに触れることができました。

持久走週間

1月23日~2月2日の中休みに、5分間の持久走に取り組みました。音楽を流しながら楽しく走り、健康の増進と体力向上を目指しました。児童は、自分の目標を決めて達成に向けて頑張りました。「今日は6周走れたよ!」などと嬉しそうに担任に伝える姿が見られました。

道徳授業地区公開講座 講演会

1月20日は、道徳授業地区公開講座がありました。学校公開では、全学級で道徳の授業を行い、それぞれの学級でテーマについて話合いを基に考えを深めました。

講演会では明星大学特任教授の樋口豊隆先生をお迎えして、6年生の児童が特別講義を受けました。「どんなにAIが発達しても、人間の『感じる心』はロボットにはない良さである」ということや、仲間の大切さなどを教えていただきました。6年生の児童は積極的に手を挙げ自分の考えを伝えていました。講演会に続いて、保護者・地域の方々と教員で意見交換会を行いました。

ユニセフ集会

1月23日に、運営委員会が全校児童に向けて、困難さを抱える世界の子どもたちの現状について説明し、ユニセフ募金を呼びかけました。1月24日から3日間、運営委員が募金活動を行いました。自分たちにできることを考える児童の姿が見られました。