ブログ

学習の様子

6年 社会科見学

2月9日は、6年生の社会科見学がありました。6年生にとっては、卒業前最後の社会科見学でした。行き先は、国会議事堂と東京スカイツリーでした。国会議事堂では、中央広間・御休所・衆議院議場など、厳かな雰囲気を感じながら議事堂内を見学しました。昼食を皇居外苑で食べた後は、東京スカイツリーへ向かいました。エレベーターで、地上350mの展望デッキに登りました。天候にも恵まれて、周りの景色を360度楽しむことができました。

日本語学級集会

2月8日は、日本語学級の発表集会がありました。日本語学級に通う一小の児童が、ネパールについて発表しました。1年生は遊びについて、2年生は食べ物について、3年生は学校について、4年生は2学期のコミュニティースクール授業で作った「モモ」について、5年生はお祭りと有名な場所について、スライド資料を見せながら、クイズを交えて紹介しました。全校の児童は、ネパールの文化や生活を知り、文化の違いに触れることができました。

持久走週間

1月23日~2月2日の中休みに、5分間の持久走に取り組みました。音楽を流しながら楽しく走り、健康の増進と体力向上を目指しました。児童は、自分の目標を決めて達成に向けて頑張りました。「今日は6周走れたよ!」などと嬉しそうに担任に伝える姿が見られました。

道徳授業地区公開講座 講演会

1月20日は、道徳授業地区公開講座がありました。学校公開では、全学級で道徳の授業を行い、それぞれの学級でテーマについて話合いを基に考えを深めました。

講演会では明星大学特任教授の樋口豊隆先生をお迎えして、6年生の児童が特別講義を受けました。「どんなにAIが発達しても、人間の『感じる心』はロボットにはない良さである」ということや、仲間の大切さなどを教えていただきました。6年生の児童は積極的に手を挙げ自分の考えを伝えていました。講演会に続いて、保護者・地域の方々と教員で意見交換会を行いました。

ユニセフ集会

1月23日に、運営委員会が全校児童に向けて、困難さを抱える世界の子どもたちの現状について説明し、ユニセフ募金を呼びかけました。1月24日から3日間、運営委員が募金活動を行いました。自分たちにできることを考える児童の姿が見られました。

グローブ

メジャーリーグで活躍されている大谷翔平選手から、福生一小宛にグローブが3つ届きました。15日の全校朝会では、大谷選手からのメッセージの紹介とともに、校長先生から「人のためになることをしよう」というお話がありました。

休み時間になると、多くの児童がグローブを見にやってきました。児童は、タブレット端末でグローブの写真を撮ったり、触ったりしました。写真をとっている児童の中には、「私の宝物!」と言って感動している児童もいました。

今後は、体育の授業やソフトボールクラブで使っていきます。

席書会

3学期の初めの週に、1・2年は教室で、3~6年は体育館で、席書会を行いました。皆、練習の成果が出せるように、手本を見ながら集中して取り組んでいました。作品は、校内に展示して互いに鑑賞し合いました。

3学期 始業式

1月9日(火)に、令和5年度3学期始業式を行いました。校長先生から、2学期の終業式に伝えた「目標を立てる」「家の仕事を手伝う」「あいさつをする」の3つが達成できたかを問われると、うなづく児童の姿が見られました。また、辰年は実を結ぶと言われる年であることから、150周年の取組でこれまで頑張ってきたことをもとに、3学期は学年のまとめとしてがんばっていきましょうという話がありました。児童代表の言葉は4年生が担当しました。3学期に頑張りたいことについて、立派に発表することができました。

令和5年度 2学期終業式

12月25日(月)に、令和5年度2学期終業式を行いました。終業式後は、各学級で安全指導に関する話を聞き、あゆみを受け取りました。2学期を振り返って成果や課題を考えました。振り返りを行うと、できるようになったことがたくさん挙がっていました。また、お楽しみ会を行った学級では、みんなで楽しめるように児童が協力して会の司会・進行をしていました。行事が盛りだくさんの2学期を経て、1学期よりもさらに周りと協力しようとする姿勢が育っています。

3学期始業式は1月9日です。楽しい冬休みにしてください。

長縄週間

体力向上の取組として、11月27日(月)~12月12日(火)の中休みに、各学級で長なわに挑戦しています。3分間で合計何回跳べるか、それぞれ目標を決めて楽しく取り組んでいます。苦手だった児童も少しずつ跳べるようになってきました。

落ち葉拾い

 11月下旬に、校庭の落ち葉拾いをしました。秋は、学校の木々の葉も色付き、校庭にたくさんの落ち葉が積もります。清掃の時間に、学年で交代し、みんなで協力して、袋いっぱいに落ち葉を集めました。校庭がきれいになると、気持ちがいいですね。

田村酒造見学

11月24日(金)、5年生とひまわり学級5年生の児童は、田村酒造場に見学に行きました。働いている方から、おいしい日本酒を作るためにはお米や水が大事だと教わりました。伝統を守る人々の思いを学ぶことができました。

 

150周年記念式典

11月18日(土)に、創立150周年記念式典を挙行しました。第5・6学年の児童が代表として参加しました。

第1部前半では、国歌・市歌を斉唱した後、校長式辞、教育委員会告示がありました。そして、本校卒業生である加藤育男市長や市議会副議長等、御来賓の方々から御祝辞をいただきました。後半では、第5・6学年の児童が呼びかけの言葉を堂々と立派に行いました。最後に、全員で校歌を歌いました。

第2部では、花柳千衛里会の皆様にお祝いの舞を披露いただいたほか、子どもたちが合唱を行いました。元気な子どもたちの歌声が体育館いっぱいに響き渡りました。

代表としてやり遂げた子どもたちの姿に、地域の方々から多くのお褒めの言葉をいただきました。

150周年記念音楽会

11月10日・11日には、創立150周年記念音楽会がありました。

コロナ禍以降、久しぶりに学年毎での合唱・リコーダー演奏をすることができました。どの学年も、練習の成果を発揮して、思いのこもった美しい合唱(合唱奏)と、力強い演奏を披露しました。

また、創立150周年の記念回として、総合的な学習で学んだことも発表しました。低学年は「昔遊び体験」、中学年は「みんなで守ろう安全・安心〜一小防災プロジェクト〜」、高学年は「描こう!未来の福生市」についてです。児童代表が、学習の内容と学習を通して思ったことを堂々と伝えることができました。





特別授業「ようこそ先輩」

10月25日(水)は、創立150周年記念授業の一環として、福生第一小学校の卒業生である、加藤育男福生市長に来校していただきました。4〜6年生の児童を対象に、ゲストティーチャーとして、加藤市長が在籍していた頃の福生一小の様子や、福生市のこれからについてお話いただきました。質疑応答では、市長という職業の話や、福生市の好きな所、未来の福生市の姿等、児童が考えた質問に直接お答えしていただきました。市長の熱いお話に、児童も未来の福生市を創造しながら聞いていました。来月の150周年記念式典に向けての意欲も高まったようでした。感想では、代表児童が「福生一小を卒業した地域の方々の思いも胸に、福生一小の節目にふさわしい立派な式になるように、しっかり準備を進めていきたい」と話しました。

5年 名栗自然教室②

2日目、カヌー体験では、3〜4人で1グループとなり、名栗湖でカヌーを楽しみました。天候にも恵まれて、名栗湖の豊かな自然をたくさん感じることができました。始めはなかなか進まずにいた班も、互いに声を掛け合い、協力し合って漕ぎ進めることができました。帰り道も渋滞せず、無事帰校することができました。

5年 名栗自然教室

爽やかな秋晴れの下、5年生は10月20日(金)から一泊二日で名栗自然教室に来ています。1日目の今日は、ドラム缶ピザ作り、森のQ太郎ゲーム、プラネタリウム鑑賞をしました。みんな揃って美味しい夕食を食べた後、キャンプファイヤーで大いに盛り上がりました。

運動会

9月30日(土)は、創立150周年記念運動会でした。途中雨が降ってくることもありましたが、概ね予定通りに進めることができました。真剣に競技に臨む姿や、一生懸命に声を出して応援する姿が見られました。校長先生が開会式で話した「全力を尽くす・協力する・楽しむ」を達成できました。

2学期 始業式

8月29日には、令和5年度2学期始業式がありました。長い休みが明け、2学期の始まりです。代表して5年生の児童が作文を読みました。2学期に頑張りたいことを立派に発表できました。

ひまわり学級 宿泊学習②

2日目は磯遊びをしました。子どもたちは夢中で生き物を探していました。見つけた生き物は、カニやヤドカリ、ナマコなどの種類ごとに分け、振り返りをしました。事前学習で勉強した生き物をたくさん見つけることができて、とても嬉しそうでした。